食物栄養科学研究科


食物栄養科学研究科

食物栄養科学研究科の概要

生命科学の最新知識に基づき、生命、健康、食を科学する

わが国は伝統的な食生活を維持しながらも世界一の平均寿命・健康寿命を達成してきました。しかし、日本人の栄養状態はいま、過剰栄養による生活習慣病の増加と、飽食時代における栄養失調−低栄養−の、二重構造を示しており、その解決は急務です。
本研究科では、21世紀の超高齢化社会を支えるために、高度な知識と技術を活かし、「食」を取り巻くさまざまな問題の解決に科学的視点で取り組むことのできる専門職業人の養成を目標としています。
また、管理栄養士養成施設を修了した人は、栄養教諭専修免許状を得ることもできます。

教育の特色

  • 家庭、学校、地域、職場での健康増進と生活習慣病の一次予防に対する栄養実践活動ができる人材の育成
  • 臨床医学の場での栄養マネジメントに加わることができる人材の育成
  • 食品・外食・給食産業において栄養管理や安全管理、経営管理のリーダー的役割を担うことのできる人材の育成
  • 地域社会発展に貢献できる人間栄養学やバイオテクノロジーの教育および研究ができる人材の育成

食物栄養科学研究科長あいさつ

米元教授【発酵食品学科】

食物と栄養の科学で社会の発展を支える

食物栄養科学研究科長米元 俊一

open

食物栄養科学研究科では、21世紀における人類の健康的な生活を支援するため、目覚ましい発展を遂げている生命科学の最新の知識に基づいた生命、健康、食の科学の基礎と応用を総合化した教育と研究を行っています。
 食物栄養学専攻では、食物学の分野の基礎となる専門的な研究領域である「食品栄養学領域」、栄養学の分野の基礎となる専門的な研究領域である「基礎栄養科学領域」、公衆栄養や臨床栄養などの専門的な研究領域である「実践栄養科学領域」、食品製造や食品微生物学およびバイオテクノロジーの研究領域である「発酵食品科学領域」の4領域を柱として、「食物と栄養」に関連した高度な諸科学の理論および応用を深く理解します。また、食品や栄養素と生体機能の関係を遺伝子レベル、細胞レベル、個体レベルで研究する方法の実際を学び、より高度な専門的知識・技術を習得します。
 これらの教育・研究を通して、「食物と栄養」に関連した、創造性豊かな研究・開発能力をもった優れた研究者、また高度な専門知識と能力をもった職業人として社会の発展を担う人材を育成します。

専攻